学校紹介のページ






 

外ヶ輪小学校
校長 
村川 孝子



学校経営の方針



 平成25年度(月の言葉)    
 平成26年度(月の言葉)    
         
         
          
         
         
         



校区の概要
 旧市街地の中心部に位置する校区は,商業地域と住居地域の二つの地域で成り立っている。商業地域では,金融機関や商店が密集しており,学校周辺には,市役所,警察署,裁判所などの官公署や図書館,市民文化会館,公民館,生涯学習センター,青少年健全育成センターなどの公共施設が集中している。校区全体の空気は活気に満ちており,保護者や地域住民は教育に熱心で,地域の諸活動に積極的に参加する。



学校の所在地
〒957−0053 新潟県新発田市中央町5丁目8番9号
 TEL(0254)22−2549
 FAX (0254)23−7203



学校の歴史
明治25年  新発田高等小学校設立(本校創立)
大正13年  新発田尋常高等小学校とする。
昭和 6年  校歌制定。
昭和24年  御免町校舎を分離して独立校として発足。
         外ヶ輪校舎は、新発田市立外ヶ輪小学校となる。
昭和27年  本丸中学校、外ヶ輪校舎に移転。
昭和37年  プール完工
昭和42年  前庭遊園地を整備し、築山を造る。
昭和54年  前庭に遊具増設。授業研修協力校として研修の充実
         を図る。
昭和57年  創立90周年記念式典挙行。PTA文部大臣賞受賞。
昭和58年  読売教育賞受賞。
昭和60年  本丸中学校校舎、緑町に竣工して移転。
昭和62年  外ヶ輪小学校校舎改築開始。(県小研社会科研究会開催)
昭和63年  改築校舎の普通教室・特別教室完成(10月25日)
         「旧校舎お別れの会」開催。一般市民、新・旧校舎見学(11月
         5日)
平成 2年  校舎竣工記念式典を新体育館にて挙行(3月10日)
平成 4年  創立百周年記念式典(10月31日)。中庭・とがわの森造
         園。
平成 5年  前庭造園。文部省指定生活科研究発表会開催(11月19
         日)
平成 6年  グラウンド造成整備。国旗掲揚塔新設(寄贈:会田広吉氏)。
         絵画2点の寄贈をいただく。(外ヶ輪小PTAより)
平成 7年  校地東側記念樹グラウンド脇へ移植。
平成 9年  PTA50周年記念事業。(ミュージカル鑑賞)
平成12年  コンピュータ室整備(児童用コンピュータ20台導入)
平成13年  チャレンジ21教育推進運動事業開始
平成14年  やる気!元気!総合的学習支援事業開始
         創立110周年記念事業
平成15年  やる気!元気!総合的学習支援事業2年次
        「みどりの新発田っ子プラン」事業開始
平成16年  校内LAN設置
平成19年  市教育委員会指定同和教育研究(〜20年度)
         PTA60周年記念事業(ジェットヒーター3機等寄贈)
平成20年  市教育委員会指定同和教育研究発表会(10月28日)
平成21年  6年生五頭登山開始
平成22年  市教育委員会指定教科日本語研究発表会(12月10日)
         学校田の取組開始
平成23年  6年生佐渡修学旅行開始(小木・相川・真野方面)
         体育館ステージ幕付け替え
平成24年  創立120周年を記念し、中庭に遊具を設置(PTA)





校歌の紹介
 作詞 手塚 義明   作曲 大和田 愛羅
 外ヶ輪讃歌の紹介
   作詞・作曲 井上 力

いいで    お   え    かが   ゆき
飯豊の尾の上に 輝よう雪を
まどべ  のぞ      ばんこ  しろ
窓邊に望めば 萬古に白し
 おや   う   こ    たま   こころ
み親に稟け来し 玉なす心
せんざいみが   いよいよあ
千載磨きて 愈々明かし
われら   ゆ  て    ひかり み
我等の行く手は 光に充てり

かじかわつつみ  わかくさし
加治川堤に 若草籍けば
すす    や       のぞ     も
進みて止まざる 望みぞ燃ゆる
  いじみの  あき     まつかげす
五十公野秋たけ 松蔭澄めば
か       いろ    こころ  にお
変わらぬ色こそ 心に匂え
われら   ゆ  て    ひかり み
我等の行く手は 光に充てり
      あおぞらたか    かぜ
一、青空高く そよ風わたり
    と が わ  もり    いま  め   は   
   外ヶ輪の杜は 今、目に映えて
  かぜ   か          つど  なかま
   風の香ただよい 集う仲間の
   こえ            と が わ  にわ
   声こだまする 外ヶ輪の庭に
   あたら  ひかりいまひろ    
   新しい光 今広がりゆく
         きず     われら  みらい 
   さらに築こう 我等の未来

   こしじ   だいち   ゆき  ね 
二、越路の大地 雪の嶺はるか
   とも   こえ        いき   
   友の声はずむ 意気はつらつと
   あせ  たまひか          か 
   汗の玉光り グランド駆ける
   まつ  こかげ    ゆめ かた 
   松の木陰で 夢を語らん
   あたら  れきし  いまきず    
   新しい歴史 今築きゆかん
   たた    と が わ  われら  ぼこう 
   讃えよ外ヶ輪 我等の母校


学校教育目標
 ともに伸びゆく
 <かかわる・つづける・ふりかえる>
   
   <指導統一像>

     自分を高め,共に生きる子ども
○(知)話し合い,考えを深める子
     問いをもち,考え抜く子
     学んだことのよさや課題に気づく子
○(徳)お互いの気持ちを伝え合う子
     よいことを習慣として行動できる子
     自分や友達のよさに気がつく子
○(体)仲間と一緒に進んで運動する子
     めあてをもってくり返し運動する子
     自分の健康を考える子


重点目標

  学んだことを活用し,問題解決に向けて主体的に考える子ども
 〔指標〕
  ○ 学力テスト,市販のテスト問題、Web配信集計問題など。

  集団生活の中で,他とよりよくかかわり,楽しく学校生活を送る子ども

 〔指標〕
  ○ 「学校が楽しい」・「気持ちのよいあいさつ」にかかわる児童・保護者アンケート、
    なかよしアンケート、月別生活目標の達成状況など

  よりよい生活習慣、運動の必要性を知り,実践する子ども
 〔指標〕
  ○ 体力テスト,「進んで運動をしたり、元気に遊んだりしている」にかかわる児童
     ア ンケート、生活リズムアンケートなど



努力事項

分 野 努 力 事 項
学習指導 ・既習事項を活用し、問題を解決する授業展開に努める。
・友達と考えのかかわり合いや自分の考えを話す・書く機会を設定し、学習を組織する。
・各教科と総合的な学習の時間の関連を図り,学ぶ方法を習得したり,適用したりする場の設定に努める。
生徒指導 ・「ふれあいタイム」、「どんぐりグループ」等の活動やいじめ防止学習プログラムに基づく教育活動を推進することを通して、思いやりの心の育成やよりよい人間関係づくりに努める。
道徳教育 ・体験と結びついた道徳授業の展開に努める。
・互いに自分の気持ちを語り合い,思いを共有する場を設け,道徳的価値の自覚を深める指導を充実させる。
体育・食育指導 ・各種身体能力を高めるために、体育の運動量の確保に努める。
・児童が進んで運動に取り組むように、場と機会の設定に努める。
・よりよい生活習慣(早寝・早起き、朝食摂取等)の改善が図られるように取り組むとともに、家庭や地域に積極的に働き掛ける。
学年・学級経営 ・児童一人一人が,学級・学年で「居心地のよい」,「周りから自分は認められている」と感じることができるように,学習指導,生徒指導等の充実に努める。
・家庭からの理解と協力を得て教育活動が実施されるよう,学年・学級の課題やその解決のための取組,達成目標,達成状況の評価などの説明に努める。
人権教育,同和教育 ・人権教育,同和教育の年間計画を見直し,差別に気付き,被差別者に共感する子どもの育成に努める。
特別支援教育 ・特別な教育的支援を必要とする児童のニーズを把握し,全校体制による支援の充実に努める。
国際理解教育 ・様々な活動を通して,外国や日本の文化に関心をもたせたり,外国の人とふれ合う交流を体験させたりして,異文化について理解を深め尊重する態度の育成に努める。
環境教育 ・環境について子どもたちがより具体的に考え,実践していけるよう,身近なところから環境に対する意識を高め実践させる。
情報教育 ・コンピュータ等を活用して表現したり、情報を収集・処理・発信したりする活動を各教科の学習に位置付けて,情報を活用する力の育成に努める。
家庭・地域との連携 ・懇談会,各種たより,とがわメール情報,学校評議員会等で,学校の目指す教育や教育課題解決に向けた取組状況,成果について分かりやすく伝え,連携を深めていくよう努める。
・地域の人との出会いから生き方について学ぶ教育活動を連携・協力して推進するため,かがやきタイムを中心に保護者・地域人材の活用を積極的に図る。
                                   


最終更新日 2014年4月